HOME > 行動に関する迷信

行動に関する迷信

昔の日本の風習や信仰を背景にして、神聖なものを尊んだり、縁起の悪いものを忌避するためにこれらの迷信は生まれた。しかし、大人が子供に行儀や社会のルールを教えるためや、実害を避けるための正しい生活行動を促す知恵も含まれているのである。

夜に爪を切ってはいけない

昔の日本では近しい人が死んだときに自分の髪や爪を一緒に埋める風習があったことで、爪を切るということは縁起の悪いことであり、また夜という時…

茶碗を叩くと餓鬼が集まる

餓鬼というのは仏教における鬼のひとつで、生前に悪事を働いて人間が餓鬼道に落ちた姿である。いつも飢えと乾きを苛まれているために、人間界…

お米をこぼすと目が見えなくなる

昔からの日本人の主食である米は江戸時代などでは価値の高い作物であり、農民は年貢を米で納め、領主の持つ領地も米の収穫量で数えられる…

トイレを綺麗にすると美人が生まれる

今のトイレと違って、厠と呼ばれる昔のトイレは排泄物を川に流して処理していた。川は昔でも神聖視されていた海へ流れており、トイレはそれに繋が…