HOME > 運に関する迷信

運に関する迷信

人はなにか珍しいことに出会うと、何かあるのではないかと運と関連付けたくなる。普段の生活で運が上がる言われる迷信に出くわしたとき、その背景を知っておけばより面白く感じられるだろう。

また、運が逃げるという迷信はあながち非現実的とも言えないので注意するべきである。

年明けは掃除をしてはいけない

12月というのは一年の最後の月であり、特に大晦日は元旦への準備や大掃除など、新しい年を迎えるために大忙しであるが、忙しくても元日に掃除を…

節分に豆を食べる

節分の日である2月3日は、旧暦の12月31日で大晦日にあたる日であり、「鬼は外」の掛け声で豆を投げて、投げた豆を食べる豆まきは元々正月の…

てるてる坊主を叩くと雨が止む

てるてる坊主を吊って晴れを祈る風習は、中国で晴れを祈るために、紙でできた箒を持った娘の人形である「掃晴娘」を吊ったという風習に起源を持つ。

貧乏ゆすりはいけない

人間はそれぞれ、無意識にしてしまう多くの癖を持っているが、そのなかでも貧乏ゆすりをする癖はその名前からも悪いイメージがあるし、行儀の良い…