【いち押し】

HOME > 食べ物に関する迷信

食べ物に関する迷信

食べ物に関する迷信は一部信ぴょう性の薄いものを除いて、そのほとんどが迷信だけにとどまらない、昔から現代まで日本人が蓄積し伝えてきた食べ物の知恵でもある。

七草の節句に食べる七草粥や冬至に食べるカボチャなどの習慣や、粋なものを食べることなど一年を健康に過ごすために伝えられるものが多い。

みょうがを食べると物を忘れる

この迷信の由来は定かではないが、一説として釈迦の弟子である周梨槃特という仏僧の逸話が元になっているとされる。周梨槃特は自分の名前を忘…

七草粥を食べると健康になる

七草粥を食べる習慣の始まりは、中国であるとも日本の朝廷であるとも言われ、その由来は確かではないが、江戸時代には七夕、雛祭りと並び、七…

酢を飲むと体が柔軟になる

現代では様々な効果があるとされているが、江戸時代でもダイエット効果があると信じられており、骨が柔らかくなって体が柔らかくなると考えられて…

菖蒲湯に入ると健康でいられる

昔から端午の節句になると準備して入った菖蒲湯であるが、その始まりは、旧暦の5月5日に行われた女性による田植え前の神祭である。家の屋根を…